シネ、シネ、シネマ団

cinemaarmy.exblog.jp

ブログトップ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

semスキン用のアイコン01 『タイムマシン』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 13日


****** Warnig! Warnig! *******

ここから先は完全にネタばれありです。
ご注意くださいね。

****** Warnig! Warnig! *******


テレビでやっていたので見ました。(^^;

原作者はあの「H.G.ウェルズ」

まがりなりにも、SFってジャンルが好きって
言うからには、ウェルズ氏の原作位把握した上で
コメントのひとつも書きたいところですが、
そのあたりはご勘弁いただいて… (^^;

好きなジャンルだからさ…
かなり贔屓目に見たので、
割と多いこの映画の批評であるところの
「こんな酷い映画見たことない」
って感じはしなかったんだよね(^^;

たしかにね、後半はわけわからんよ?(^^;

「猿の惑星」の様な感じもあり、
モンスター風クリーチャーが活躍するB級SF風でもあり…

偉大なSF作家「H.G.ウェルズ」原作と言う事を
知らずに見たらそりゃもう、「なんだこれ」って感じも確かにわかる(^^;

そもそも、あの時代(1890年)のどんなエネルギーを
使ってタイムマシンができるのか? (^^;
やっと、蒸気自動車がよちよちと走り始めた時代に…

そのあたり考え始めた時点で、「??」って感じじゃん?

でもねぇ~ なにが凄いってさぁ~
「未来に行く」って言って、80万年後…

しまいにゃ、6億年後だよ?

自分がSF小説書こうと思ってね、未来の事を描写しようと思ったときに、
6億年後を描写するって言う、暴挙に出られる?

なんかそれだけで、賞賛を送りたい気分になりましたよ。

しかも、それを書いたのが100年前なんだよ?

その100年間の間に、出尽くしたアイディアを
散々アタシラ見てるわけじゃん?
映画でも、テレビでもさ…

その100年間の蓄積を見た後で、
始点を見たらそりゃ多少「なんだかな」って感じもするさ… (^^;

100年たった今でさえ、
6億年後を描いたモノなんてそうそうないわけじゃん?

そのあたりの功績をたたえたい作品だと思う次第であります。

なので! そのあたりを生かしきれてない、
伝え切れてないって部分で、映画化した側の問題が
かなり大きいのではないかな? なんて思っちゃいました。

そういえば、「宇宙戦争」もそんな感じだったよね(^^;

とはいえ、タイムマシンが稼動してるときの映像とかさ、
未来の描写とか、未来のモンスターもそんなにインチキ臭くなくて
そのあたりはよかったと思ったんですけどね(^^)


     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■□□□□□□□□□□
爽快感 :■■■■■■■■■□□□□
格好いい:■■■■■■■■■■□□□
深いぞ!:■■■■■■■□□□□□□
Fantasy!:■■■■■■■□□□□□□
泣けた!:■■■■□□□□□□□□□
恐怖!!:■■□□□□□□□□□□□
気分悪!:■■■■□□□□□□□□□
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

# by kizzarmy_cinema | 2008-05-13 09:05 | 旧作 TV鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 ブラック・サイト (まだ見てない方編) 』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 28日

「もう見ちゃった方編」もあります。


※基本的にストーリー的なネタばれはない様にしています。
 予告編等から得られる情報程度は前提にしていますので、
 まったく予備知識を必要としない方は
 読まない方がいいかもしれません。


特に大々的にテレビでCMをやっているわけでもなく…

若干のマイナー感を伴っているも、
「劇場予告編」を見て

「ん? なかなかおもしろそうかも…」

と、思ったので鑑賞してきました。


が!

申し訳ありません。 選択を間違えました。 (^^;

だってさぁ~ 予告編を見た印象と全然違うんだもん!


ひじょぉ~~~に気分の悪い映画でございました。

「猟奇的系サイコサスペンス」って感じなの?
そういうのが好きな人はいいかもしれないけど、
「魔法にかけられて」とかで大喜びしているような、
アタクシの様なジャンルの人間には
とうてい楽しめる内容じゃございませんね(--;

楽しい気分も…

ワクワクも…

ウキウキも…

ありゃしません。

ちょうど同時期に見たって事で、比較対象になってしまいますが、
まさに「魔法にかけられて」の「ま逆」の映画と言っていいかもしれません。


いやね、予告をみた印象は

「サイバー捜査官」 vs 「ネット犯罪者」

って図式で、

「すげぇハイテクな追いかけっこ 」

とか
「超頭脳戦」

とか

そういうのを想像してたのね。
全然違ったよ! (^^;

「家族で…」
「デートで…」
「爽やかな休日のひと時に…」

みたいなのには、全く向かない映画だね。(^^;

しかも、ストーリー的によく練られているとか、
そういう類の楽しみ方もできるわけでもなく…

単なる「B級 グロ映画」っすね(^^;

唯一評価できるとすれば、
「ほんとネットってのは怖いよ!」って事と
「人心ってのはほんと無責任だな…」って事かな…

そのあたりだけは、リアリティあると思った。
恐怖を感じましたよ。

って事で! この作品 オススメしません(^^;
[PR]

# by kizzarmy_cinema | 2008-04-28 09:56 | 新作劇場鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 ブラックサイト (もう見ちゃった方編) 』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 28日

「これから見る方編」もあります。


****** Warnig! Warnig! *******

ここから先は完全にネタばれありです。
ご注意くださいね。

****** Warnig! Warnig! *******




「FBI」のバッジ見せるとこあるじゃん?

もうねぇ~ 失笑ですよ失笑…

まじで声出して笑っちゃったよ。

なんちゅう、くだらんオチだ! (^^;


アメリカっぽいっちゅう事かネェ?

最後はほこらしげに「国旗」を掲げて…

なんてのなんかなかった?

それともよくあるパターン? (^^;

そりゃ、犯人の残虐性、異常性を表現したいんだろうけど
ああいう殺し方のアイディアが出てくること自体が気分悪いです。


割とそういうジャンル見てる方々の感想見ると、
「○○の殺し方にてる」とか…
「言うほどグロくない」とか…
その部分を楽しめる方用の映画ってことなんすかね?


最後もあっけなさすぎっしょ? (^^;

あの犯人こそ、目を背けたくなるような
酷い状態でにしてやらにゃあかんでしょ?

あんなんじゃ、全然溜飲がさがらんっちゅうねん!

って、そう思う自分の意識が実は「危ないのかも?」
なんて事も考えちゃったりしてね。

なんかそういう意味でも、気分悪いね。ほんとに…(--;


犯人へのたどり着き方もさぁ~
ネット上になんか罠をはるとかさぁ~
「ネット」を使ってもうちょっと、「うぉ!すげぇ~」とか
思わせてくれるような事やってくれないとさぁ~ (^^;

結構困ったチャンな映画だったように思いました。

大して書くこともないや…(^^)
[PR]

# by kizzarmy_cinema | 2008-04-28 09:54 | 新作劇場鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 魔法にかけられて (これから見る方編) 』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 14日


※基本的にストーリー的なネタばれはない様にしています。
 予告編等から得られる情報程度は前提にしていますので、
 まったく予備知識を必要としない方は
 読まない方がいいかもしれません。



「たまらん!」


「うぉ~~~ こりゃたまらんわい!」


もうねぇ、一気にkizz_army映画ランキング、

同率2位!! 位に食い込んできた映画だわ!


ごめんね、ほんとごめん…
ほんとぉ~~に申し訳ないんだけど、
この映画見て、

「ありえない」とか
「そんなばかな」とか
「やりすぎだろ」とか

そういう感想を持ってしまった方々には、

「どうぞ、同じようにアタクシの事も嫌いになって!」

って思っちゃう感じよ… ギャハハハ… ん? 言いすぎ?(^^;

だから、「ほんとぉ~にごめん!」って言ってるじゃなぁ~~い?

大丈夫大丈夫! 「かなりの変わり者」ってのは、このアタクシが…
kizz_army本人が一番よくわかっていることだから…


冒頭シーンから、もうウルウルですよ、ウルウル…


だってさぁ、そりゃね
「アラジン」とか
「美女と野獣」とか
ディズニーアニメだって作り続けられているわけじゃない?

でもねぇ~ この映画の最初の方なんてさぁ~

「白雪姫」とか
「シンデレラ」とか
ほんとぉに幼少の頃にダイレクトに体験した「おとぎの国」
大人になるにつれ忘れてしまっていたあの「おとぎの国のお話」
その時のまま蘇った感じよ!

しかも、「新作にて…」って感じで…(^^)

子供の心でみた、あのディズニーアニメの世界を
大人になった今、その時の心が一気に蘇って同じような
視線で見てる感じがしたのね。

この感覚… なんか文章で表すの難しいんだけどさぁ~(^^;

その時点でかなりノックアウトされた感じでございましたよ。

加えて!

そのディズニーの「おとぎ話」のエッセンスを
自ら大袈裟にして、
パロディにして、
自虐ネタとして
気持ちよく笑えるギャグとして
昇華させているんだよねぇ~

全編がそんな感じだから、台詞の一言一言、1場面1場面が
おもしろくてしょうがない! (^^)/

最初に劇場予告かなんかで見た時、すでに釘付けだったからね。(^^;

「なんで今までなかったんだ!」って叫んじゃった!

めっちゃめちゃ、期待して見た!

期待して見ちゃうと「なぁ~~んだ…(--;」ってなる事多いじゃない?
でも、この映画はその期待を遙かに上回るおもしろさ、楽しさだったよぉ~~ん♪


そりゃさ…

「<東京ディズニーランド>なんて何がおもしろいんだ?」

って言う人もいるくらいだから、
万人が「おもしろい映画」だとは思わないだろうけど、

アタクシ的には、超オススメ! すげぇオススメ!


絶対DVD買うぞ!

すぐに、もう一回見たい!

って位にお気に入りです。(^^)


よく出来てるよ! よく考えられてる!

ディズニーのお姫様も…
ディズニー映画の王道も…
ディズニーランドの楽しさも…

みんなみんな入ってる。


大笑い! & 大泣き!

ほんとぉ~~~~~に「魔法にかけれらた!」 (^^)

さぁっ! 早めに見に行ったほうがいいよん♪ マジマジ…(^^)v

でもって、早めに魔法にかけられてぇ~
[PR]

# by kizzarmy_cinema | 2008-04-14 10:53 | 新作劇場鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 魔法にかけられて (もう見ちゃった方編) 』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 14日


「これから見る人編」もあります。


****** Warnig! Warnig! *******

ここから先は完全にネタばれありです。
ご注意くださいね。

****** Warnig! Warnig! *******





確かにね…
「ドラゴンはやりすぎだろう…」

とも思った…
「そんなにゴキブリ出さなくても…」

とも思った…
「お姫様、おばさんじゃん?」

とも思った…


でも、やっぱり「ドラゴン」出てこないとだめっしょ?
「ドラゴン」から助け出さなきゃ、話終わらないっしょ?

そして、助けられるんじゃなくて、助けるのがプリンセスってのが
この映画の魅力なわけじゃん?(^^;


そして、森の動物居ないんだもん…しょうがないじゃん?
ハト、どぶねずみ、ゴキブリ… みんなお友達だよねぇ?

ちょっと肌の衰えは感じるけど、お姫様はお姫様だからさ…
魅力的な笑顔と、不思議な力を持った歌声があればOKだよね?


正直、冒頭から一場面一場面全てについて
一言ずつ書きたい位なのよ(^^;

あのセリフはああいう意味だよね?
とか、
あの場面はあのパロディでどうのこうの…
とか…(^^;

ほんと最初のアニメの部分で、なんか心の奥底の
なつかしぃ~~~~~部分が刺激されちゃってさぁ~

「こりゃだめだ…」 と思ったよ。

「歌声で鳥や動物が集まってくる」
「白馬に乗った王子が突然やってくる」


そんな「ありふれたありえなさ」をやられただけで、
なんだか知らんけど、「これこれ! これだよなぁ~」って思っちゃう(^^)


昔は「ミュージカル」とかイマイチ好きじゃなかったのね。
「なぜそこで歌う?」みたいな…(^^;

でも、この映画見たらさぁ~
「やっぱり歌わなきゃダメだよな」位に思っちゃったからね。

感情が高まったりしたら、普段の生活でも
「歌っちゃった方がいいのかも?」
なんて思っちゃったからね(^^)v

そしたら、周りの人もいきなりハモッたり、
その辺のモノを楽器にして演奏しだしたり、
しまいにゃ、職場全体で踊りだしたり…

楽しい世の中になるかもね (^^)


ほんとはね、
「シンデレラ」とか「白雪姫」とかが
もろにそのまま出てくるのかと思ってたのね。

でも、それらの要素やエッセンス、肝の部分がちゃぁ~~んと
散りばめられてるのがほんと楽しかった。


なにがすごいってさぁ~

そのネタになっている「おとぎ話」をある意味自虐ネタとして
「現代では通用しない」って言う否定に走っていくのをベースの
作りにしているわけじゃない?
なのに!
なぁのぉにぃ、終わってみると、それも含めて結局全てが
壮大な「実写版おとぎ話」
になっているって事よね。

ワクワクしたり、感動したり、楽しくて歌いだしたい気分になったり…

「一周して元に戻っちゃいました」みたいなね。(^^)


「どうだ! 結局<おとぎ話>は偉大なんだ!」
とか言われてるみたいじゃない?(^^;


もうひとエピソードあってもいい位だったなぁ~

もう少しあの世界に居たかった (^^)


楽しませていただきました! (^^)/
[PR]

# by kizzarmy_cinema | 2008-04-14 10:49 | 新作劇場鑑賞