シネ、シネ、シネマ団

cinemaarmy.exblog.jp

ブログトップ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

semスキン用のアイコン01 <   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 『 少林少女 』 semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 27日


公開時、結構話題になっていた映画を
TVでやってくれたので、観ました(^^;

ドラゴンボールでしたね。
妙に、ドラゴンボールじゃありませんでしたか?

それ以前に、完全に「マンガ」でしたね。(^^;

ジャンプとか、マガジンとか、時々連載執筆者が
急病で穴が空いてしまった時に掲載される
新人漫画家の読みきり漫画みたいな話でしたね。

または!

逆にだね。
これ、鳥山明さんが作品にしたら、
実はそれっぽく、おもしろくなるのかも??

とも思ってしまいました。

始まってすぐに、「こりゃマンガだな」と割り切って、
「それなりに楽しもう」と思ったのですが、

あまりの「荒唐無稽」さ加減に、びっくりしてしまいました。(^^;

どんなターゲット層が、どんな目的を持って見たらば、
この作品に「いい評価」を与えられるのか??

とても、不思議なんだよねぇ~

とはいえねぇ、あれだけの作品作るのには、
役者さんはじめ、スタッフはそれなりの苦労はしてるだろうし、
金だってかかってるだろうし…
ちょっと、心が痛くなりました。

しかし、なんでラクロスなん?(^^;

一番笑ったのが、最後の戦いの所かな…
いくらなんでも、今どき、それなりの金をもらったとしても、
あやしい黒装束を着て、変な仮面付けて、犯罪まがいの事を
(完全に犯罪だと思うけど)
しようという人間が、あんな大勢あつまるわけないよね?(^^;

ま、実際に
ショッカーとか
デストロンとか
シネシネ団とか
には集まってるけどね。


さて、そんな「少林少女」ですが…
ひとつ収穫がありました。

それは、稽古に勤しむリンちゃんの背景にあった滝!!

「うぉ! すげぇ… あんな滝があるんだぁ~~~!!」

って事で、すぐ調べました。

インターネット恐るべし!
でもって、みんな見てる所は同じなのね(^^;

すぐに、「鮎壷の滝」って所だと判明! (^^)/

あの幻想的場面は、ちょっとドキっとしたね。
あんな所があるんだね。 ちと行ってみたくなった(^^)





     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■■■□□□□□□□□
爽快感 :■■■■■■□□□□□□□
格好いい:■■■■■□□□□□□□□
深いぞ!:■■□□□□□□□□□□□
Fantasy!:■■■□□□□□□□□□□
泣けた!:■■■□□□□□□□□□□
恐怖!!:■■■■□□□□□□□□□
気分悪!:■■■□□□□□□□□□□
総満足度:■■■■□□□□□□□□□
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2009-04-27 11:08 | 旧作 TV鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 レッド・クリフ PartⅡ (これから見る方編)』 semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 20日



「もう見ちゃった方編」もあります。

※基本的にストーリー的なネタばれはない様にしています。
 予告編等から得られる情報程度は前提にしていますので、
 まったく予備知識を必要としない方は
 読まない方がいいかもしれません。


せっかく、「Part1」をテレビでやってくれたので、
早速、「Part2」を見に行きました(^^)

で、どうだったかといいますと…
「いやぁ~~~ おもしろかった!」
と言うよりも…
「いやぁ~~~ いい映画だった!!」

って感じかな…

「Part1」より、若干重い感じがしましたね。
雰囲気や、物語の進行する感じとかが…

あ!そうそう、「Part1」の事書いた時も言いましたが、
これは、モノホンの「三国志」をあまりよく知らない者の
感想だって事を強調しておかねばなりますまい(^^;

これ…
「三国志」自体について詳しかったら、
かなり見る目が変わっていたと思いますもの…

なので、それを前提に読んでくださいね(^^;


なんかね、ダイレクトじゃなくて、
微妙に間接的に伝わってくる
「信」とか「義」とか
そういうものに感動しちゃったんだなぁ~アタクシ…

それと、ピュアなハリウッド映画じゃないのに、
それと同等のスペクタクル大作に仕上がっているってのも
ある意味価値があるんじゃないっすかねぇ?

「最新兵器」や、「SF的秘密兵器」がなくったって、
戦闘シーンでのあの大迫力はすごいと思いましたよ。

総合的に見て、非常に満足度の高い映画でした。

金城くんもがんばってたし、
なんつっても、獅童くんががんばってました。
「Part1」じゃ、ほとんどセリフなかったのに…

って事で、やっぱりこりゃオススメですね。(^^)


とまぁ、いろいろほめているのに、なんなんですが…(^^;

全体的な戦闘シーンはすごいんだけど、
1対1とかの戦闘シーンはどうもいただけない…
もうさぁ~ 「いかにも吊ってます」っての多すぎない?(^^;

いや、これはこの作品だけじゃないんだけどさぁ~
ワイヤーアクションも最初は革命的だったんだろうけど、
いっくらCGでワイヤー消したって、動きを見れば
見てる方は、そこにワイヤーが確実に見えてますよね?

今の技術があれば、たとえ吊るにしても、
もう少し物理運動的な表現ができるんじゃないかな?
って思うんだけど、どう?

あ、それと…
アタシャ、字幕版で見たんだけど、
吹き替え版の方が単純に楽しめるかもしれない…





     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■■□□□□□□□□□
爽快感 :■■■■■■■■■■■□□
格好いい:■■■■■■■■■■■□□
深いぞ!:■■■■■■■■■■■■□
Fantasy!:■■■■□□□□□□□□□
泣けた!:■■■■■■■■□□□□□
恐怖!!:■■■□□□□□□□□□□
気分悪!:■■■□□□□□□□□□□
総満足度:■■■■■■■■■■■■□
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2009-04-20 11:05 | 新作劇場鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 レッド・クリフ PartⅡ (もう見ちゃった方編)』 semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 20日



「これから見る方編」もあります。

****** Warnig! Warnig! *******

ここから先は完全にネタばれありです。
ご注意くださいね。

****** Warnig! Warnig! *******


もうねえ、なんつっても、冬至の日のシーンはほんと感動した!

普通、感動する場面って、
そこにある映像の登場人物自体が、
泣いていたりって事が多いんじゃないですか?

だれかが死んじゃったり、
泣くほど感動的な事に遭遇したり…

つまり、感情移入がそこにあるわけですが…

あの冬至の日のシーンは、ダイレクトになにかが
あったわけじゃないのに、
気が付いてみると、涙がこぼれてました。

「なんだか、こりゃすげぇな…」

と思いましたね(^^;

たしか、ほぼセリフもないんだよなぁ~

とにかく、印象的なシーンでした。

孔明のひょうひょうとした感じも、
心理戦というか、作戦合戦に非常にいい味付けをしてました。

ほんとあぁいう裏かき合戦みたいなの、好きだわぁ~(^^)


あと、アタクシ、趙雲が好き! (^^;

なんだろう、妙に惹かれるわぁ~~ (^^;

しかし、劉備軍の3将軍、強すぎだろ(^^;


ラストシーンもよかった!
孔明と周瑜の距離近過ぎだったけど、
あの近過ぎの二人の顔の間から覗く、
「山水画」そのままの景色が素晴らしかったね。

もちろん、CGなんだけどさぁ~
それがわかっていても、素晴らしい景色でした。

最後の最後は、あの景色を堪能して、終了…

後味もとてもよかった!

更に、エンドロール…
中国語表記と、英語表記の見比べも面白かった!

う~~ん、今思い出しても、
やっぱり「いい映画だった」と思えるよ… (^^)
[PR]

by kizzarmy_cinema | 2009-04-20 11:04 | 新作劇場鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 レッド・クリフ PartⅠ 』 semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 15日

テレビ放映で見たので、いつもの様な
「もう見ちゃった方編」/「これから見る方編」の区分はありません(^^;

本当は、劇場で見る気満々だったんだけどねぇ~
残念ながら行けなかった。

そして、いつも言ってるけど、ありがたい事に
PartⅡ公開前にはテレビでやってくれるからね。

今回も、その恩恵にあずかりました(^^)v

いつもの用に、録画したものを見たので、
放送と若干のタイムラグがあっての鑑賞となったわけですが、
その間に、TV放送を見た人の感想もちらほらと…

「イマイチ」だったとの声が… (^^;

で、見始めた所…

なんだよ、おもしれぇじゃん!

「三国志」ってねぇ~
英会話と同じくらい「何度となく挫折するジャンル」なんだよね(^^;
「多少勉強せにゃあかんなぁ~」とは思いつつ…(^^;

重要登場人物の名前をは知ってる位の知識ですからね。
ちょっとした人物相関図を作成しながら鑑賞しました。

それと、吹き替え版だった事もよかったかな…

声優陣がなかなか豪華だもの…

諸葛孔明
見てる途中に、「なんか聞いた事ある声だぞ…」
って事で、一生懸命思い出して、

「あ! マイケルじゃん!」と…(^^;

そう、あの「プリズン・ブレイク」のマイケルの声でしたね。
さらに、山ちゃんこと山寺宏一さんが「周瑜」役。
いいよね、この方、ほんと凄い!
まさに、しゃべりのプロ!

これ… 映画館で字幕版をみたら、もしかしてここまで
楽しめなかったかもしれないって思っちゃった。

ちょっとわからなくなったら、一時停止して
メモを確認しながら鑑賞すればいいんだもんね。

当然話自体がおもしろいからってのもありますが、
まぁ~~~、あの壮大なスケールは、作りものって
わかっていても、なんども溜息出ちゃうくらいだよね。

ほんとアタクシ… 歴史ものに弱いのね。
作戦会議のやりとりとか見てると、
もう、ほんと、ワクワクしてたまらんわ!

そういう部分で心おきなく、存分に楽しめるので、
「マトリックス」の様な、不自然なアクションや、
血の吹き出方は-たしかに凄いけどさぁ-
逆に邪魔な様な気がしましたね。

さて、これで心おきなく「PartⅡ」を見に行けますわ!

このタイミングで、たっぷり時間とって
放映してくれたのは、ほんとありがたかったです。 m(__)m

これ三国志に詳しかったらまた見方が違ってたんだろうね。
あまり知らなくて正解だったかも…(^^;



     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■■■□□□□□□□□
爽快感 :■■■■■■■■■■■■□
格好いい:■■■■■■■■■□□□□
深いぞ!:■■■■■■■□□□□□□
Fantasy!:■■■■□□□□□□□□□
泣けた!:■■■□□□□□□□□□□
恐怖!!:■■■□□□□□□□□□□
気分悪!:■■■■□□□□□□□□□
総満足度:
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2009-04-15 10:50 | 旧作 TV鑑賞