シネ、シネ、シネマ団

cinemaarmy.exblog.jp

ブログトップ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:旧作 TV鑑賞( 5 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 『 少林少女 』 semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 27日


公開時、結構話題になっていた映画を
TVでやってくれたので、観ました(^^;

ドラゴンボールでしたね。
妙に、ドラゴンボールじゃありませんでしたか?

それ以前に、完全に「マンガ」でしたね。(^^;

ジャンプとか、マガジンとか、時々連載執筆者が
急病で穴が空いてしまった時に掲載される
新人漫画家の読みきり漫画みたいな話でしたね。

または!

逆にだね。
これ、鳥山明さんが作品にしたら、
実はそれっぽく、おもしろくなるのかも??

とも思ってしまいました。

始まってすぐに、「こりゃマンガだな」と割り切って、
「それなりに楽しもう」と思ったのですが、

あまりの「荒唐無稽」さ加減に、びっくりしてしまいました。(^^;

どんなターゲット層が、どんな目的を持って見たらば、
この作品に「いい評価」を与えられるのか??

とても、不思議なんだよねぇ~

とはいえねぇ、あれだけの作品作るのには、
役者さんはじめ、スタッフはそれなりの苦労はしてるだろうし、
金だってかかってるだろうし…
ちょっと、心が痛くなりました。

しかし、なんでラクロスなん?(^^;

一番笑ったのが、最後の戦いの所かな…
いくらなんでも、今どき、それなりの金をもらったとしても、
あやしい黒装束を着て、変な仮面付けて、犯罪まがいの事を
(完全に犯罪だと思うけど)
しようという人間が、あんな大勢あつまるわけないよね?(^^;

ま、実際に
ショッカーとか
デストロンとか
シネシネ団とか
には集まってるけどね。


さて、そんな「少林少女」ですが…
ひとつ収穫がありました。

それは、稽古に勤しむリンちゃんの背景にあった滝!!

「うぉ! すげぇ… あんな滝があるんだぁ~~~!!」

って事で、すぐ調べました。

インターネット恐るべし!
でもって、みんな見てる所は同じなのね(^^;

すぐに、「鮎壷の滝」って所だと判明! (^^)/

あの幻想的場面は、ちょっとドキっとしたね。
あんな所があるんだね。 ちと行ってみたくなった(^^)





     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■■■□□□□□□□□
爽快感 :■■■■■■□□□□□□□
格好いい:■■■■■□□□□□□□□
深いぞ!:■■□□□□□□□□□□□
Fantasy!:■■■□□□□□□□□□□
泣けた!:■■■□□□□□□□□□□
恐怖!!:■■■■□□□□□□□□□
気分悪!:■■■□□□□□□□□□□
総満足度:■■■■□□□□□□□□□
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2009-04-27 11:08 | 旧作 TV鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 レッド・クリフ PartⅠ 』 semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 15日

テレビ放映で見たので、いつもの様な
「もう見ちゃった方編」/「これから見る方編」の区分はありません(^^;

本当は、劇場で見る気満々だったんだけどねぇ~
残念ながら行けなかった。

そして、いつも言ってるけど、ありがたい事に
PartⅡ公開前にはテレビでやってくれるからね。

今回も、その恩恵にあずかりました(^^)v

いつもの用に、録画したものを見たので、
放送と若干のタイムラグがあっての鑑賞となったわけですが、
その間に、TV放送を見た人の感想もちらほらと…

「イマイチ」だったとの声が… (^^;

で、見始めた所…

なんだよ、おもしれぇじゃん!

「三国志」ってねぇ~
英会話と同じくらい「何度となく挫折するジャンル」なんだよね(^^;
「多少勉強せにゃあかんなぁ~」とは思いつつ…(^^;

重要登場人物の名前をは知ってる位の知識ですからね。
ちょっとした人物相関図を作成しながら鑑賞しました。

それと、吹き替え版だった事もよかったかな…

声優陣がなかなか豪華だもの…

諸葛孔明
見てる途中に、「なんか聞いた事ある声だぞ…」
って事で、一生懸命思い出して、

「あ! マイケルじゃん!」と…(^^;

そう、あの「プリズン・ブレイク」のマイケルの声でしたね。
さらに、山ちゃんこと山寺宏一さんが「周瑜」役。
いいよね、この方、ほんと凄い!
まさに、しゃべりのプロ!

これ… 映画館で字幕版をみたら、もしかしてここまで
楽しめなかったかもしれないって思っちゃった。

ちょっとわからなくなったら、一時停止して
メモを確認しながら鑑賞すればいいんだもんね。

当然話自体がおもしろいからってのもありますが、
まぁ~~~、あの壮大なスケールは、作りものって
わかっていても、なんども溜息出ちゃうくらいだよね。

ほんとアタクシ… 歴史ものに弱いのね。
作戦会議のやりとりとか見てると、
もう、ほんと、ワクワクしてたまらんわ!

そういう部分で心おきなく、存分に楽しめるので、
「マトリックス」の様な、不自然なアクションや、
血の吹き出方は-たしかに凄いけどさぁ-
逆に邪魔な様な気がしましたね。

さて、これで心おきなく「PartⅡ」を見に行けますわ!

このタイミングで、たっぷり時間とって
放映してくれたのは、ほんとありがたかったです。 m(__)m

これ三国志に詳しかったらまた見方が違ってたんだろうね。
あまり知らなくて正解だったかも…(^^;



     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■■■□□□□□□□□
爽快感 :■■■■■■■■■■■■□
格好いい:■■■■■■■■■□□□□
深いぞ!:■■■■■■■□□□□□□
Fantasy!:■■■■□□□□□□□□□
泣けた!:■■■□□□□□□□□□□
恐怖!!:■■■□□□□□□□□□□
気分悪!:■■■■□□□□□□□□□
総満足度:
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2009-04-15 10:50 | 旧作 TV鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 06月 09日




※ストーリー的なネタばれはありませんが、
基本的に見た方用の記事かな…(^^;



今更ながらでスイマセン… (^^;


『 ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 』です。

テレビでやっていたので、録画してみました。


勝手な妄想ですが、こういうファンタジー系の作品って
「あたりハズレ」大きい様な気がしてネェ~

「異世界」の「不思議創造物」がわんさか出てくる様なのは
特に微妙なんだよね(^^;

なので、公開当時かなり劇場予告も見たし、
TVCMも見たけど結局劇場では見ませんでした。

でもって、最近!!

劇場に行けば、
「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」
の予告編を頻繁に見るわけですよ…

「微妙ではあるけど、もしかするとおもしろいかも」

って印象… (^^;
世間の評判も上々の様ですし、
タイミングよく「第一章」をTVで放映してくれるなら見て見ましょう!

って事での鑑賞となりました。


でもって、冒頭…
はまりました…

だって、こんなに子供心をくすぐる展開の王道をいかれちゃぁさぁ~(^^;

「秘密の扉」
「秘密の抜け穴」
「偶然発見してしまう異世界」

もうこんなんたまらんでしょ?

これさぁ、子供の時に本で読んだら
どんなにワクワクしただろうね?
どんなにドキドキしただろうね?

と、そんな事を考えるだけでもう、
ドキドキワクワクだわさ!(^^)


キャラもいいね。
「タムナス」さん…いいじゃない!
ビーバー夫婦もいい味出してます! (^^)

でもって、なんつっても、「アスラン」ね。
ライオンよライオン… あの映像すごくね?
どうやって作ってるんだろう?
あの毛並み、質感、表情… 素晴らしいですよね。

問題の「クリチャー」系も、神話でおなじみの連中が多いから
なんか親しみあるし…

たしかに、「それは都合よすぎね?」ってのもあるけどさぁ~
ああいう部分もきっと、本で読んだら気にならない部分かもしれないよね。

他の出来がいいから、そういう部分は若干甘めに見られるかな。(^^;

って事で、予想以上にいいじゃないの! 「ナルニア」

「第二章」は劇場に行ってもいい気分になってきております。

当然、見に行ったらまたご報告させていただきますね。

あぁ~ そうそう、公式サイトがなかなか凝った作りになっております。
結構楽しめるかもよ… (^^)
   公式サイト=> http://www.disney.co.jp/narnia/shell_content.html



     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■■■■■■■□□□□
爽快感 :■■■■■■■■□□□□□
格好いい:■■■■■■■□□□□□□
深いぞ!:■■■■■■□□□□□□□
Fantasy!:■■■■■■■■■■■■□
泣けた!:■■■■■■■■■□□□□
恐怖!!:■■■□□□□□□□□□□
気分悪!:■■■□□□□□□□□□□
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2008-06-09 10:47 | 旧作 TV鑑賞

semスキン用のアイコン01 『 アンフェア the movie 』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 13日


※基本的にストーリー的なネタばれはない様にしています。
 予告編等から得られる情報程度は前提にしていますので、
 まったく予備知識を必要としない方は
 読まない方がいいかもしれません。


テレビでやってたので見ました。

最初のテレビシリーズから見てます。

でまぁ、一応人気シリーズって事で
映画化になったわけですが…

どうにもこうにも酷いね(^^;

岡田君の「SP」見た後に見たってのもいけなかったかも…

全てが中途半端っちゅうかなんちゅうか…

刑事ドラマなのに、あまりにも「絵空事」過ぎて
ちょっと引いてしまいました。

全然のめり込めないんだよね(^^;

ただただ「アンフェア」なヤツがいるって部分だけ引き継いじゃって、
後は映画だから多少豪華に作ってみました… みたいな?(^^;

どこをとっても、「どっかで見たアイディア」ってな感じが拭えないですよねぇ~

「うわ! そうきたかぁ~!!」

ってのが欲しいじゃん!

あぁいう映画には、そういうの欲しいじゃん!!

結構ながっかり感でございました。

だから、どうにもこうにも劇場でお金払って、邦画を見る気には
なかなかならないんですよね。


     -2  0     5    10
大爆笑!:□□□□□□□□□□□□□
爽快感 :■■■■□□□□□□□□□
格好いい:■■■■□□□□□□□□□
深いぞ!:■■■■■□□□□□□□□
Fantasy!:□□□□□□□□□□□□□
泣けた!:■■□□□□□□□□□□□
恐怖!!:■■□□□□□□□□□□□
気分悪!:■■■■■■■■■■□□□
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2008-05-13 09:05 | 旧作 TV鑑賞

semスキン用のアイコン01 『タイムマシン』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 13日


****** Warnig! Warnig! *******

ここから先は完全にネタばれありです。
ご注意くださいね。

****** Warnig! Warnig! *******


テレビでやっていたので見ました。(^^;

原作者はあの「H.G.ウェルズ」

まがりなりにも、SFってジャンルが好きって
言うからには、ウェルズ氏の原作位把握した上で
コメントのひとつも書きたいところですが、
そのあたりはご勘弁いただいて… (^^;

好きなジャンルだからさ…
かなり贔屓目に見たので、
割と多いこの映画の批評であるところの
「こんな酷い映画見たことない」
って感じはしなかったんだよね(^^;

たしかにね、後半はわけわからんよ?(^^;

「猿の惑星」の様な感じもあり、
モンスター風クリーチャーが活躍するB級SF風でもあり…

偉大なSF作家「H.G.ウェルズ」原作と言う事を
知らずに見たらそりゃもう、「なんだこれ」って感じも確かにわかる(^^;

そもそも、あの時代(1890年)のどんなエネルギーを
使ってタイムマシンができるのか? (^^;
やっと、蒸気自動車がよちよちと走り始めた時代に…

そのあたり考え始めた時点で、「??」って感じじゃん?

でもねぇ~ なにが凄いってさぁ~
「未来に行く」って言って、80万年後…

しまいにゃ、6億年後だよ?

自分がSF小説書こうと思ってね、未来の事を描写しようと思ったときに、
6億年後を描写するって言う、暴挙に出られる?

なんかそれだけで、賞賛を送りたい気分になりましたよ。

しかも、それを書いたのが100年前なんだよ?

その100年間の間に、出尽くしたアイディアを
散々アタシラ見てるわけじゃん?
映画でも、テレビでもさ…

その100年間の蓄積を見た後で、
始点を見たらそりゃ多少「なんだかな」って感じもするさ… (^^;

100年たった今でさえ、
6億年後を描いたモノなんてそうそうないわけじゃん?

そのあたりの功績をたたえたい作品だと思う次第であります。

なので! そのあたりを生かしきれてない、
伝え切れてないって部分で、映画化した側の問題が
かなり大きいのではないかな? なんて思っちゃいました。

そういえば、「宇宙戦争」もそんな感じだったよね(^^;

とはいえ、タイムマシンが稼動してるときの映像とかさ、
未来の描写とか、未来のモンスターもそんなにインチキ臭くなくて
そのあたりはよかったと思ったんですけどね(^^)


     -2  0     5    10
大爆笑!:■■■□□□□□□□□□□
爽快感 :■■■■■■■■■□□□□
格好いい:■■■■■■■■■■□□□
深いぞ!:■■■■■■■□□□□□□
Fantasy!:■■■■■■■□□□□□□
泣けた!:■■■■□□□□□□□□□
恐怖!!:■■□□□□□□□□□□□
気分悪!:■■■■□□□□□□□□□
※あくまで個人的な印象ですからね(^^;

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2008-05-13 09:05 | 旧作 TV鑑賞