シネ、シネ、シネマ団

cinemaarmy.exblog.jp

ブログトップ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

semスキン用のアイコン01 『 ミスト (もう見ちゃった方編)』 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 26日


「これから見る方編」もあります。


****** Warnig! Warnig! *******

ここから先は完全にネタばれありです。
ご注意くださいね。

****** Warnig! Warnig! *******









その一言にて、この映画の評価が一気に下がった部分があります。(^^;

それはね。

「異次元の扉が開いてしまった」


それ、いらんやろ?(--;


密室での集団心理を、非常にたくみに描いたと思える作品を
一気におとしめてしまった感が… (^^;

あのモンスターどもの出現理由をそこまで突拍子にする
事ないんじゃないかな?と思ったわけですよ。

アタシャ、「軍の遺伝子操作研究の産物」だと思ったのさ…

そっちの方がリアリティない?(^^;

だって、「蚊」の化け物にしても「蜘蛛」の化け物にしても
その理由の方がよくね?(^^;


先日ちょうど、

『「みんなの意見」は案外正しい 』

って本を読んだんだけど、
集団心理とか、集団の叡智とか、集団の愚とか、
そのあたりを扱っているんですよ。

それを読んだあとだったから尚更なのかもしれないけど、

「パニック時の密室での集団心理」

ってモノを非常に興味深く観察できて満足度が高かったんです。この映画…

実際には? どうなんでしょ? (^^;

ああなるかもしれないし…
ああならないかもしれない…

米国テレビドラマ「LOST」あたりでも
そのあたり取り上げてますが、おもしろいもので
集団ってかならず「リーダー」が生まれるんだよね。

しかも、それは「自然発生的」に…

実は、あたくし「心理学系」もとても興味がありましてですね。
もちろん専門書じゃないけど、そのあたりのジャンルの書籍とかも
ついつい買っちゃうのよ。(^^;

だからね、ほんと、この映画おもしろかったんです。

で、そのあたりを「異次元の扉」がぶち壊してしまったと… (^^;

だって、その部分ばかりを毛嫌いして、その集団心理云々の部分の
扱いが軽くなっちゃったりしたら、もったいないじゃん?

その部分を聞いて、「みたくない」って思う人もいるかもしれないしさ。


そして、例のラストシーンね。

アタシャ、作品としてのラストシーンとしては、最高だと思います。

あれでハッピーエンドなら、その辺の「化け物系パニック映画」
なんら変わりなくなってしまいますよね。


「あのラストシーンはないだろ!」
「気分悪い!」
「最低の映画だ!」

って、思ったとしてもよ。
そう思った人も「相当いろいろ考えた」と思うんだよね。

結局スーパーに取り残して来た人達と
似たような行動をしてしまったわけじゃない?

思考のベクトルが一旦ある方向に行ってしまうと、
その方向を修正するってのは、
人間、非常に難しいって事なわけじゃないですか?

・「既成概念」
・「思い込み」
・「妄信」

そのあたり、非常にヤバイってのは、
実は最初から随所に出てきてるんだよね。

「なんだよ、隣のヤツ実はいい人だったのかも?」

って、所からすでに始まっていたんですね。

みなさんはどう思ったでしょうか?
[PR]

by kizzarmy_cinema | 2008-05-26 10:23 | 新作劇場鑑賞