シネ、シネ、シネマ団

cinemaarmy.exblog.jp

ブログトップ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

semスキン用のアイコン01 『 マイケル・ジャクソン THIS IS IT 』 semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 13日

とくにストーリーのある映画ではないので、
いつもの、「これから見る方編」、「もう見ちゃった方編」
区分はありません。

なので、ネタばれっちゃぁ、ネタばれなので、ご注意くださいね。





アタクシ…
もろに、80年代MTVブームに乗っかってましたからね。
あの頃のマイケルのPVだって、かなり見てました。(^^)
アルバム「スリラー」も、相当聞きました。

でも、2009年、彼の訃報を聞いた時は、

「そっか、死んじゃったか…」

って、割と普段の普通のニュースを聞いている感じでした。

それはまぁ、ああ言う大スターの最後って、
得てしてそういう感じだという固定観念が、
また現実になったという感じだったからかな…


しかし、この映画を見た事で、
マイケルがいなくなった事の損失の大きさを
ジワジワと、ヒシヒシと感じることになりました。

皮肉な事に、彼のステージにかける情熱や
ファンへの思いの偉大さを物語るライブのリハーサル風景は、
彼がいなくなってしまったことによって、
アタクシ達の眼の触れる所となったんですね。


★ダンサーオーディション★


まず、驚かされたのがダンサーのオーディション風景。
何十人ものダンサーが一度にステージに上がって踊る光景だけでも
圧巻なのに、その大人数の中から数人を選ぶ側のすごいこと…

一瞬で選んでいくんだよね。
選ばれる人そうでない人の人生を左右するわけじゃない?
それを一瞬で選ぶプレッシャーと自分の選別眼への絶対的な自信。

しかも、そのオーディションを受けるってだけで相当ランクの高い
人の集まりだと思うわけですよ。

また、参加する人たちのマイケルへの熱い思いも感動モノでした。



★ファン第一★


「どうしたらファンの人たちに喜んでもらえるか?」

ってのを極限まで追求しているマイケルの姿がそこにありました。

「ファンの聞きたい曲をたくさんやる」
「ファンが聴きたいのはアルバムと同じ音なんだよね」
「まず、オリジナルと同じように演奏できることが第一条件」


これらはアタクシが、だれのライブに行くときも期待することでもあります。
また、自分がライブに携わる時もこれらのことを考えます。

ま、自分とは次元が違うけど、それでもそう言うことを
マイケルでさえ考えたいたってのは、単純にうれしくなりましたね。

「やっぱりそうでなくっちゃ!」 って感じよね(^^)



★極限の繊細さ★


画面を通して、いかにマイケルが繊細であり、
周りがそれに気を使っているかってのがとても伝わってきました。

そしてそれとはまったく対照的な、激しいダンス…
何度も何度も繰り返し、きっと何時間も続くんでしょ?

ちょっとした事で、ほんと、ガラス細工のように崩れてしまいそうな
そんなイメージがどんどんと強くなりました。



★ みんなからの尊敬 ★


一流のミュージシャン
一流のダンサー
一流のスタッフ

コンサートを作るすべての人たちから、
絶大なる尊敬を受けているんだよね。

マイケルは、楽器のプレイヤーではないわけじゃん?
なのに、そのアドバイスやアイディアに、その一流ミュージシャンが
脱帽してるわけだから、天性のミュージシャンって事なんだろうね。

そして、それぞれ個々の見せ場もちゃんと作ってあげる。

きっと、コンダクターに近い感じの才能なんだろうね。




★ そして彼は逝ってしまった ★


あの、ダンサー達…
あの、ミュージシャン達…
あの、スタッフ達…
あの、ステージセット…
あの、ライブ用ビデオ…

そして、ファンの期待…

みんなみんな残して、彼は逝ってしまったんですね。

きっと、「THIS IS IT」と言うタイトルのままで
日本公演があったとしても、自分は見に行かなかっただろうけど、
あそこまで作り上げたコンサートがなくなってしまったという
損失の大きさに、ちょっと愕然としました。

「単なる借金の埋め合わせ」みたいな、報道も目にした事も
ありましたが、(例の「ニュースの裏側」じゃないけど)
あのマイケルの情熱を見たら、そんなの吹き飛ぶよね(^^;


この映画を見てから、「Beat it」が、
ずぅ~~~~~~~~っと、頭の中で鳴ってます。
ヴァン・ヘイレンのギターソロ、ギンギンです(^^;


単にリハーサル風景を追っただけのドキュメンタリー映像なのに、
この妙に深く心に染みていく感じはなんなんでしょうね。

繰り返しになりますが、彼がいなくなったことで
この映像に触れたわけでして、なんとも複雑な気分ですよ。


しいて言えば、「BAD」をちゃんと聞きたかったのと、
「ビリージーン」の全身電飾衣装を見たかったのが、心残りかな…



この映画も、ぜひ映画館の5.1chサラウンドで
ご覧になることをおススメいたします。



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_cinema | 2010-01-13 09:35 | 新作劇場鑑賞